ホステスのアルバイト体験談

ホステスのバイトでも上手な断り方を知っていると得

ホステスのバイトでも上手な断り方を知っていると得

ホステスのバイトをするなら自宅から遠くても30分未満で帰れる範囲を選ぶのがコツです。
理由は、仕事で残業もあったりすると終電の時間を気にしないといけないからです。
お店によっては、送迎をしてくれる所も有ります。

 

ホステスのバイトでは未経験だと不安ですが、ママからや先輩ホステス達から親切に
仕事内容を教えてもらえます。仕事柄、ママや先輩ホステスは気さくで話やすいので
仕事だけでなく、プライベートの相談もしやすい。人生経験の豊富なママは特に相談しやすいでしょう。

 

ホステスのアルバイトで最初は分からない事だらけでも、仕事をする上でこれだけは
やってはいけないことがあります。それは、ママや、先輩ホステスのお客さんの相手に
無礼な行為、そしてお客さんを取ってはいけません。ママ達が世話し、大事にしているお客様なのです。
例えば、ママのお客さんが仕事の帰りに1杯飲みに行こうと誘われたり、高級レストランで食事
しようと誘われる事もあります。ママのお客さんや先輩ホステスのお客様と同伴みたいな行為は、
ホステスの業界で一番嫌がられますし油を火に注ぐような行為です。

 

お客様から誘われた場合の上手な断り方を知る必要が有ります。
誘われたら、ママの名前を使って「お店の方針で無理です」、「勝手に食事に行くとママに怒られる」
と言いましょう。もちろんお店側に了解を入れた上での話です。
ホステスのアルバイトでもお客様からのお誘いは受けるので、
上手な断り方を知っているのと知っていないのでは全く違います。
お客様の気分を悪くさせないように気をつけましょう。

 

 

ホステスバイトで高収入、しかし努力も必要

 

ホステスアルバイトで高収入、そんなことも夢ではありません。夜の街の華やかさと、主に男性を相手として楽しくおしゃべりをしてお金を稼ぐことができるのです。ホステスといっても幅広くいろいろな形態があります。その中にはキャバクラのように華やかでドレスアップが求められるようなゴージャスなものから、スナックやバー、クラブといったところがあります。お店やその形態によって服装やもてなし方にも違いが出てくるのです。

 

ですが、どのようなものであれ大切なのはお客をもてなすこと、そして自分が美しくあることです。そうすることで喜んでもらうのです。笑顔でお酒をつぐことから話を聞く事、そして状況によっては空気を読んだ接し方が必要になることも多々あります。クラブのママなどに接客の仕方などを教わることができます。そして女性としてお客になれなれしく接するというよりも、どちらかというと品のある話し方、そして敬意のある接し方が大切になります。会話をお客に合わせるという技術が求められるので、話をよくことや、最近のニュースで取り上げられている話題のものなどに精通していることも重要になるのです。

 

ホステスのバイトは時給になっているところが多く、2000円以上のところがほとんどであり、かなりの高収入が見込めますが、ホステスとしての魅力を出せるような努力が必要になります。お客が喜ぶようなことをしたり、言ったりすることで気に入られるならばさらに収入はアップしていきます。

 

 

ホステスのバイトについて

 

ホステスのバイトと言うのは、今非常に人気がある仕事だといわれています。
今は不況であり、一般的なアルバイトも時給が低いことが多いです。
そこで、もっと稼ぎたい、と言う方がこうした水商売で働くことも増えてきています。
また、こうしたホステスのアルバイトで働いている方は学生やフリーターの女性ばかりではありません。
最近では、OL等をしている女性も副業として働いていることも多いです。
本業での収入が不安定だったり、あるいはもっと余裕が欲しい、ということで夜はホステスのアルバイトをしている、というケースも少なくありません。
ホステスのアルバイトですが、店によって待遇はまちまちです。
給料がスライド制となっているところや、あるいはポイント制となっているところなどがあります。
こうしたスライド制やポイント制の場合、お客さんをいかに掴むか、ということが大切です。
また一人のお客さんにどれだけ売り上げをあげるか、とういことによっても変わってくることが多いです。
出勤時間は自由となっていることが多いですが、こうしたスライド制、ポイント制となっている場合はたくさん出勤したほうが有利であるといえるでしょう。
ですので、たくさん稼ぎたい、と言う場合はやはり週に少なくとも3日以上は働くことが必要だといえます。
また、店によって、お客さんの客層なども違います。
働く場合、こうした客層などがどんな感じなのかと言うことも調べておくことが大切だといえるでしょう。

 

 




ホーム RSS購読 サイトマップ