ホステスのアルバイト体験談

ホステスのバイトをしっかりこなしたいなら「聞くこと」に徹すること

ホステスのバイトをしっかりこなしたいなら「聞くこと」に徹すること

クラブなどでホステスのバイトをする理由は様々だと思いますが、最大の理由はもちろん時給がよいということだと思います。ですので、なるべく失敗をせずに、できればある程度の人気のホステスになって、長く続け、時給もそれによって挙げていきたいところです。
そういう人気のホステスになるためには、とにかくお客さんの話を聞く、お客さんに気持ちよく話してもらう、ということを心がけましょう。これがプロのホステスであれば、聞くだけではなく、相手を感心させるような話もできますが、バイトではそこまでのレベルは無理なので、まずはできるところとして「聞く」ことに最大の努力を発揮するべきです。
そもそもクラブに来るようなお客さんは、仕事などで成功していてそれを自慢したい人か、あるいは逆に失敗するかストレスを感じるかしていてそれをはきだしたい人が半数以上ですから、「聞く」ことがきちんとできるだけで、十分にホステスとしての仕事はできるのです。
話を「聞く」時には、いくつかテクニックがあります。ただ無言で聞いているだけでは、相手は「ちゃんと聞いてもらっているのかどうか」わからないので、話し甲斐を感じてもらえません。「聞く」時には「ちゃんと聞いていますよ」というメッセージを発しながら聞く必要があります。
それが「おうむ返し」のテクニックです。
たとえば「今日はこんなことがあって、大変だったんだよ」と言われたら「大変だったんですね」と答え。「自分はこんなすごいところがあるんだよ」と言われたら「本当にすごいですね」という感じです。
このテクニックを使うだけで、「聞き上手」に簡単になれ、バイトであるにもかかわらず、売れっ子のホステスになることが可能です。
ぜひやってみてください。

 

バイトでしたが天職?と思うくらい楽しかったです

 

1年ちょっとぐらい、でしょうか・・・ホステスのバイトをしていました。
思っていたよりも楽しい仕事で。

 

お酒を飲んで、普段知り合えないような職業の人たちと話して。
「面白いなぁ」と思いながら働いていました。

 

私の場合、昼間は昼間で派遣の仕事をしていました。
その仕事が全然話をしてはいけない仕事だったので、
夜になるとテンションを上げてたくさんしゃべれる、というのがまた楽しかったんですよね。

 

会員制のお店だったので、身元のハッキリした人たちばかりでしたし。
「遊び慣れてる」お客様が多かったので、それほど嫌な思いをすることもなく。

 

一緒に歌を歌ったり、ダンスを踊ったり。
特に金曜日の夜はお祭り騒ぎで・・・楽しかったです。

 

ちなみに、ホステスのバイトを始めてビックリしたのが、化粧の濃さでした。
ママに何度もダメ出しされてしまいましたね。「もっと!もっと濃く!」と。

 

薄暗い店内では、普通の化粧では薄い顔に見えてしまうらしいです。

 

なので、私の場合はパウダリーファンデーションの上にフェイスパウダーを重ねて、
ガッツリと化粧していました。

 

フェイスパウダーはミラノコレクションがおすすめです。
かなり崩れにくくなるし、いい具合に顔が白くなるので。

 

女の子同士は仲いい、とかはありませんでしたが、
困った時はレギュラーの子たちが助けてくれて・・・すごく働きやすい環境でしたね。

 

接客の時に意識していたことは、「常にお客様に恋しているような気分になる」ということ。
そうすると・・・好かれるんですよね。

 

別に、「好き」とかそういう言葉を言うんじゃなくて、そういう風に意識するようにするんです。
そうすると自分の気分も高揚しますし、人気も出ます。

 

事情があって辞めてしまいましたが、正直言うともうちょっと働いていたかったと思うくらい・・・
私の場合は楽しかったです。

 

ホステスとしてバイトをして

 

ホステスとしてバイトをしていていつも感じることは、このお仕事が本当に難しいということです。
どんなに顔立ちが整っていても、どんなにスタイルが良くてもお客さんの心をつかむことができるようなお話ができなければお仕事にはなりませんし、前に働いていたお店では人気ホステスとして売れっ子だった女性が新しいお店での客層に合わないためそこでは全く売れないという運のような要素もあります。
また、お店の人間関係も自分に合ったところを見つけることができなければお店のオーナーであるママとの関係がうまくいかなくなってしまったり、お店に長く勤務している先輩ホステスさんや黒服さんと良好な関係が築けなくなってしまったりとさまざまな苦労が身に降りかかります。
ですが、これらのことに関して裏を返していうと、自分に合った客層や雰囲気のお店で働くことができれば当然売れっ子になることができるし、お店の人々との相性の良いところに勤務すれば人間関係に苦労することも少なくなるということです。
つまりはホステスのアルバイトをしていてもっとも重要だと感じた点は会話術や容姿はもちろん運の部分が非常に大きいんです。
とはいえ、一度もホステスとして働いたことがない方が初めて勤めたお店でいきなり相性抜群かどうか判断することは非常に困難です。
ですがそのお店で働くことが苦痛か楽しいかということは数か月も在籍したら誰でもわかりますよね。
つまり、嫌だと思ったらすぐにそのお店を辞めて新しい職場に移動する。そうして自分に合うお店が見つかるまで様々なところで経験を積んでいくことが本当に大切なことなのだと思います。

 

 




ホーム RSS購読 サイトマップ