ホステスのアルバイト体験談

ホステスの体験談3

ホステスの体験談3

お給料が高いのには訳がある!六本木のクラブへ!

 

初めてのホステス経験は、六本木でした。
50代のママと、30歳のチーママのいる、中くらいの箱のクラブです。
ママは同性から見たら「可愛らしい」雰囲気はありましたが、いわゆる特別美人な方ではありませんでした。
それでも、毎晩のようにママのお客様とそのお連れ様は絶えずいらっしゃいました。
誰もが知っているお勤め先の方や、経営者の方が多くいらっしゃいました。
チーママは、少し気の強そうに見える美人な方で、実際お話をすると、とても優しくて、開けっぴろげで、気持ちの良い女性でした。
チーママに会いにいらっしゃるお客様は、いわゆる業界関係の方や芸能人、スポーツ選手などがメインでした。
クラブではみなさんご存知かと思いますが、売り上げのホステスとヘルプのホステスがいます。
わたしはヘルプのホステスでしたが、知人が数名来店してくれたことと、(主観ですが)六本木のお客様は、華美で気の強そうに見える、芸能人の卵のようなヘルプのホステスをお席に呼んでくれることが多く感じます。
私もどちらかと言うと、外見はそんなタイプでしたので、ママやチーママ、他、売上のホステスさんのお客様に気に入っていただけて、お席に呼んでいただく機会が多くありました。
ホステスとして役に立てないと、あっという間にお給料が下がったり、支店があればそこに異動になってしまったり、最悪、解雇されてしまうことがしょっちゅうです。
六本木のホステスは、腐る程いるのです。
私がその店に残れたのは、あくまでただラッキーだっただけなんです。
私は実際、過剰に人見知りで、ちょっと冗談で言われた毒舌で心が折れてしまう小心者で、外見と内面があまりに伴っていませんでした。
それでも、お席のメインはお客様と売上のホステスさんですから、私含めヘルプのホステスは、この店に残るために、其々の努力を惜しみません。
私はお話を聞き出して、それを聞くことが得意でしたが、お酒がたくさん入って盛り上がったお席になると、もう心底ビクビクで、ただ引きつった笑顔を維持することしかできない脳無しでしたから、特に外見に気をつけました。

ドレスや着物は、他のホステスさんとかぶらないよう、ヴィンテージでゴージャスに見えるドレスに、自分でパールなどをつけてリメイクしました。
ヘアスタイルは、美容室に行くと、美容師さんとお喋りをしなくてはならないハードルが待っているので、すれ違うホステスさんの髪型を観察して、自分で綺麗にセットするようにしました。
アクセサリーは極力つけません。
時計は、お客様のお帰りのご都合があるので、必須です。
ノンブランドでも良いので、どんな衣装にも合う腕時計を何本か、買い揃える必要があります。
衣装は、自分の体の自信のあるところが開いているデザインの服を選び、その月、出勤した日は1日たりとも同じ服を着ないよう、心掛けました。
つまり…上手に面白いトークができない私には、六本木の華やかな街で生き残るために、いただいたお給料が普段着ないような服に飛んでいく生活なのでした!

 

それでも六本木は、業界関係のお客様が非常に多く、飲み方や使うお金も派手ですが、楽しい裏話が伺えたり、普通じゃ入れないオフィスに遊びに招いていただいたり、普段できない経験がたくさんできました。

 

それから、大切なことは、お店のママやチーママ、チーフなど、お店を取り仕切る方の人柄です。
面接の際に必ずお名刺をいただけるのですが、ちょっとでも「?」と感じた相手のお店の場合、お客様の質(と書いたら失礼ですが)や、在籍するホステスの関係が悪かったりすることが多いです。

 

 

バイトでホステスをする時に注意すること

 

 もう少しおこずかいが欲しいな、自由に使えるお金があったらな・・・。そんな気分で気軽にホステスを始めてみる女性は少なくないのでは?
 最近は、昔と違いホステスもバイト感覚でできるところがたくさんありますね。お客さんとお酒を飲んで、楽しくお話をするだけでとても割のいいお給料をもらえるので、お水商売に抵抗のない女性からは人気のバイトだと思います。しかし、お給料が高い分、気を遣う事や注意する事もたくさんあります。
 まず、バイトでやるなら自分の素性をお客さんに話さない事です。お客さんは、バイトでホステスをしている事を知れば、必ず昼は何をしているか聞いてきます。ここで正直にありのままに答えてしまってはいけません。
 たいていは普通のお客さんですが、中には変なお客さんもいます。もし昼の仕事や学校について聞かれた場合は、飲食店、家事手伝い、何もしてないよ〜、とぼんやりとした回答でごまかすのがトラブルの元にならない秘訣です。
 そして、本業のホステスさんを立てつつ働きましょう。
 バイトで働いている人と違って、ホステスを本職としている方は、プライドを持って仕事をしている方が多いです。仕事に対する姿勢もバイトの人の比ではありません。決して張り合おうとしない事が大事です。一歩引いて本職ホステスを立てて接すればイジメの対象にならずにすみますし、可愛がってもらえるかもしれません。
 他にも、お客さんの名前、職業、趣味くらいは覚えなければならないですし、お酒に強くなる必要もあったり、気を遣うべき事がたくさんあります。大変なバイトですが、人生経験が増えることは間違いありません。
 ホステスのバイトで稼ぐならぜひ以上のことに気を付けてみてくださいね。

 

 

女性としての品格が身につく、ホステスのバイト

 

ホステスのバイトは、キャバクラやスナックなどいろいろなお店で求人がありますが、その中でもクラブはお客様の客層が良く、女の子にとって働きやすい環境や待遇が用意されています。
クラブというのは、キャバクラやスナックに比べると、料金が高く設定されています。
ですから、来店するお客様は上場企業で働いている方だったり、経営者など、経済的に余裕がある方がほとんどです。
そのような方は、人生経験が豊富で、自分自信の仕事や生き方に誇りを持っていますし、話題がとても豊富です。

 

クラブのホステスのバイトは、いろいろな業界で働いているハイクラスのお客様と常に会話を交わす事になりますから、自分自身の知識も増えて社会勉強にもなります。
ホステスは、お客様を楽しませるのが仕事ですから、クラブのような格式のあるお店で働く為には、それなりの知識やマナーが必要になります。
地位の高いお客様というのは、ホステスに対する立ち振る舞いが違います。
ですから、ホステスもそのようなお客様に見合うような、女性らしいマナーを身につける必要があります。
ホステスのバイトをする事で、コミュニケーション能力を身につけられますから、その能力を、仕事や学校など、いろいろな場面で活用する事ができます。
良い人間関係を築いていく為には、会話はとても重要ですから、ホステルのバイトを経験して会話上手になる事でのメリットはとても大きいものです。
女性としてのマナーや振る舞いを身につける事ができるホステスのバイトは、女性としての格式を上げる事もできます。

 

 

 

 




ホーム RSS購読 サイトマップ