ホステスのアルバイト体験談

ホステスのバイト体験談7

最近のホステスのバイトに興味があります

最近は若い女性が気軽にホステスのバイトを行うようになっているようです。わたしの周りにも数名ホステスのバイトをしている女性がいるので、最近のホステスの事情やお店の様子など耳にすることがあります。

 

わたしも昔ホステスのバイトを数年間経験していたので、最近の水商売の様子とかお客さんは増えたとか減ったとか、お店ができたとかつぶれたとか、そういう情報が気になります。昔のことが忘れられないとかそういうことじゃなく、最近はキャバクラと言われているお店が繁盛していることもあり、ひとつの情報として話を聞くことがあるのです。

 

キャバクラで働いている女性は年齢制限が厳しいこともあって、若い女性が集まっているといいます。だからお客さんも比較的若い人が多いようですが、時間制のキャバクラは若いお客さんでも十分遊べる範囲なんだということです。年齢が高いお客さんもキャバクラを遊びに使っているようですが、かなりいろんな男性がキャバクラという場所を思い思いに楽しんでいるようで、聞いていてこちらも勉強になります。

 

ひと昔前の水商売のバイト・ホステスのバイトという感じではなくなってきているようなイメージを持ちました。昔はお客さんに失礼があったらいけないと、かなり神経を使いながら「顔で笑って心で泣いて」というように努めていましたが、最近の女性はホステスのバイトを自由に楽しんでいるようで、それもまた時代が変化しつつあるんだな〜なんて思っているところです。

 

学生がホステスのバイトをやる際の注意点

 

ホステスのバイトををしてみたいという方もいるかもしれませんね。
最近は学生の間から、そういうバイトに興味を持って始められる人もいますし、結構敷居が低くなってきている面もあると思います。
ただ、基本的には夜の仕事になるので、夜遅くなるのはしょうがないです。
そこが大丈夫という方だけ応募するようにしましょう。
具体的な勤務時間は、お店によりますけど、開店するちょっと前からお店に来てちょっとした準備をすることになるケースもあります。
お店が開くのは夜の8時くらいが多くて、その時間帯から主に働き始めることになります。
仕事が終わる時間はお店と相談して決めることになると思いますけど、終電ギリギリまで働くこともあると思うので、家に帰ることができるのは遅くなってしまうでしょう。
したがって、学生が行う場合には、大学とかの授業との兼ね合いがうまくできないといけないことになります。
夜の仕事なので、授業と重なることはないにしろ、夜が遅くなると、次の日早い時間帯から授業がある場合には、朝起きるのが大変かもしれません。
ホステスのバイトを学生が特にやる場合には、授業の時間割と上手く相談しながら始めるようにしましょう。
1日の間でも準備時間等を含めて割と長い時間働く可能性もありますから、出勤日数とかも大学と両立できるように上手く考えていかないといけません。
5〜6時間くらいは働く可能性がありますし、授業が終わってお店に直行ということもありますからね。
学生がやる場合には負担はそれなりに大きいかもしれません。

 

 

学ぶことが多いホステスのバイトはよかったと思っています

 

私がホステスのバイトをしようと思ったのは、友人がしているところを紹介された時でした。そこでは、私が想像していたホステスと言うイメージとは全く違った人が働いていたのです。
見るからに教養があると思われる人など、ホステスは誰でも出来ると思っていた私が、恥ずかしくなったのです。
そしてその友人も、ホステスをしていると、本当に楽しいというよりも、社会勉強をさせてもらうことが出来るとおもったと話していたのです。
そのことは、実際にホステスのバイトとして働きはじめた時に、そのことについて、とても感じたのです。
ホステスというのは、社会のことをよく知っていないと、お客さんと話すことができないということです。
そのため、必死で新聞を見たり、情報としてありとあらゆるものを得ることにしたのです。すると、その仕事をしている時に、もっと情報として必要なことがわかるようになったのです。
このことは、人と話をする時に、とっても大切なことであると思えるようになっています。人を大切に思って話すこと、そのことをホステスをすることで学ぶことが出来たのです。
また接遇についてもしっかりと身に付けることが出来たので、その点でもとても良いバイトであると思っています。
そこで働くことで、ホステスをしている人の知識の多さについても感心しています。
仕事をするときは、バイトであっても、しっかりと勉強をして、人がまた来たいと思えるような、この人と話したいと思える人間に、少しでもなることができた仕事であると思っています。

 




ホーム RSS購読 サイトマップ